デパケン錠の離脱症状とは?

デパケンの効果と副作用

デパケンは、γ(ガンマ)-アミノ酢酸という脳内の抑制性神経伝達物質を介して、片頭痛を治療していきます。躁うつ病の治療にも処方されます。一般的には片頭痛の治療に使いますが、発作も防ぐことや症状を軽くしますが、発作自体を改善するような効果はないと聞いています。

 

デパケンの副作用としては、眠気、吐き気、嘔吐、体重増加などが起きてきますが、眠気が出るために、集中力や、反射能力が低下しますので、車の運転などは避けると良いでしょう。激しい腹痛、発熱、吐き気や身体のだるさ、めまいなどを起こすこともあります。症状が合われた場合には、使用をやめて医師に相談されることをお勧めします。薬の使用をやめる際に弱い薬に置き換えていくと離脱症状が少ないと聞いています。デパケンを服用して、離脱症状が出るのか出ないのかは個人差があります。


体力系アルバイト

パキシル 効果・副作用・離脱症状