パキシルの副作用と離脱症状

パキシルの効果

パキシル

パキシルは、うつ病やパニック障害、強迫性障害、社会不安障害などの治療に用いられるお薬です。憂鬱な気分や不安感を和らげる効果があります。気分が落ち込んだり、やる気がでない、不安や緊張などの症状を緩和してくれる抗うつ薬です。

 

セロトロニンという神経伝達物質の濃度をパキシルの薬理作用で高めることにより、鬱状態を緩和、気分を楽にしてくれます。パキシル錠は、安全性が高く副作用が少ないので、うつ病やパニック障害の患者さんによく処方されるお薬です。


パキシルの副作用

パキシル

パキシルは従来の抗うつ薬と比べると副作用は少ない安全性の高い薬ですが、副作用がないわけではありません。

 

吐き気、喉の渇き、めまい、便秘、頭痛、食欲不振などの副作用があります。また、パキシル錠の重い副作用には、肝機能障害、幻覚や錯乱、痙攣などがあります。

 

パキシル 薬を使わないで、うつ病を克服する方法はこちら


パキシルの離脱症状

パキシル

パキシルの服用を急にやめてしまうと、急激に薬の血中濃度が下がり、その反動で離脱症状がおきます。

 

離脱症状は、吐き気や頭痛、めまい、不眠、疲労感などがあります。このような離脱症状を起こさないためには、急にパキシルの服用を止めずに徐々に量を減らしていくようにします。

 

トップページに戻る・薬の一覧 ⇒ うつ病 薬の種類と副作用

 

※ パキシルの用法用量は医師・薬剤師の指示に従いましょう。



体力系アルバイト